カーセンサー.net簡単ネット査定

車 購入の事前準備

車を購入する前にやっておくことがあります。
それはどんな用途で使うのか、そして予算はいくらまでに抑えるのか?を決めておくことです。

つまり使用目的と予算の設定は大前提です。

特に家族で使う場合は、妻の意見を尊重しないといけません。
会社勤務をする夫は、休日しか使わないので、平日使う妻の意見も取り入れないと結局使う頻度が少なくなって、高い買い物になってしまいます。

だから夫婦で使う場合、そして家族で使う場合は、お互いの使い方や好みをすり合わせてクラスや車種を決めて方がいいですね。

我が家では、私が乗る頻度が少なくなり、妻と二人の娘が乗るのと、妻が仕事でも使うようになったので現在はダイハツのタントです。

それと同時に重要なのが、予算設定です。
最近は、残価設定方式も含めて、各ディーラーはローンに力を入れています。
しかしローンは、将来の支払い能力に依存する借金だということを認識しておくべきです。
そして車は、所有するだけでも維持費が掛かります。

ローンと合わせて月々いくらまで使えるかをよく把握しておく必要があります。
現在我が家が軽自動車なのも、私が定年になったからで引き続き働いていると言っても収入が減ったため、軽自動車にしています。ただ結果的に妻や娘たちが使いやすいということ評判はいいですが。

 

車 購入 値引き商談の基本


カーセンサー.net簡単ネット査定

車 購入 クルマ選びと情報収集

日本には、クルマのメーカーは8社あり、それらの車種は全体で170車種に及びます。
だから事前準備として使用目的や予算設定が必要にあります。

僕が若い頃が、憧れのクルマを手に入れたいという欲求から、それに向けて働いたり、お金を貯めたりしましたが、家族を持つとそういうわけにはいきません。

そこで、使用目的と予算を基準にまず自分に合ったクラスを見つけることです。

そこで情報収集が大切になります。

ポイントは、次の3つです。

☆情報はご近所など身近なところから仕入れる

☆インターネットを活用して希望車種を絞り込む

☆折込チラシは必ずチェックする

以上のような情報収取から候補車を3~4車を選びます。

 

 

さて、事前の準備が出来たら実際に販売店に行きます。

多くのユーザーにとって、クルマの購入商談で最も大切なことは値引きの拡大でしょう。
新車の購入は軽自動車でも100万円以上の高額ですから、交渉で数万円の違いは大きいです。

出来ることは全部やっちゃいましょう。
ここでは基本的なことをお伝えします。

(1)販売店が値引きしやすい時期があります。
それは、3月の決算フェア、9月の中間決算フェア。
共にメーカーや販売会社の決算にも関係するから値引きを増やしやすいです。

(2)販売店側から見ると値引きには販売促進の効果があるので、
発売直後は値引きが少なくても売りやすいけど、時が経過して人気が下がると、
逆に値引きをしないと売りにくくなります。

(3)相見積もりを取りましょう
販売店も売ってなんぼですから、相見積もりを持ち込まれると頑張ります。
同一車種を資本の異なるメーカーの販売店同士で相見積もりを取ったり、購入車種が、他メーカーにもある場合は、そうぞれ見積もりを取って検討するようにしましょう。

(4)買取店と下取りの競合
下取りは販売店が新車を売るために行うサービスの一環で、買取りはそれだけを行うことで
買取り専門店が主に行い、さまざまな業者が参入しています。

だから買取り店と下取りをうまく利用しましょう。

詳しくは以下の説明します。

下取りか、買取店か

これまで乗ってきたクルマは新車ディーラーへ下取りに出すのが便利で手間がかかりません。

原則として納車となる日まで下取り車に乗っていられるからです。

だたし、ここで問題。 下取り額が必ずしも値段的に有利になるとは限りません。

むしろ最近は中古車買取店の方が高くなるケースが目立つようです。

引く手あまたの人気車やスポーティーカー、輸入車などはもちろんのこと、

10万kmを超えた低年式車でも積極的に買い取ってくれるので、 買い替えの際は下取り額と比較してしっかり損得勘定しましょう。

まずはこちらで査定を
↓ ↓ ↓

1位 カーセンサー

車買取・車査定のカーセンサーはこちら

車を売るならカーセンサーがおすすめです。
数社の見積もりを比較して、1番高い査定価格で買い取ってもらうことができます。売却したい車のメーカーや車種などを入力の上、一括で査定のお申込みができます。
下取りより買取額が高価になる方法が見つかります。
他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報はもちろん、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載ですよ。
五十音や都道府県から、お近くの買取店舗の情報を紹介することもできます。

車買取・車査定のカーセンサーはこちら

2位 カービュー

より高く愛車を売りたいならこちらから

愛車の相場確認、査定額比較は3つのステップで簡単に出来ます。
1、愛車。お客様情報の入力。簡単に45秒で入力できます。
2、最大8社に査定依頼できます。各査定会社より2営業日以内に電話もしくはメールで連絡が来ます。
3、査定会社が愛車を査定してくれます。最大8社から最高額を選んでください。

より高く愛車を売りたいならこちらから

3位 ズバット車買取

愛車を高く売るなら比較しよう

愛車の買取相場もすぐわかります。
1、一括査定を依頼。入力は簡単です。32秒で完了
2、最大10社が愛車を査定。車買取業者から電話またはメールでご連絡、査定します。
3、各社の査定を比較検討して最高額の買取する先を選びます。
「使い方がわからない」「売却先が決まったので査定依頼をやめたい」など、
お問い合わせ専用の電話番号を用意して、カスタマーサポートチームが対応します。
だから安心して利用できます。

愛車を高く売るなら比較しよう

★買取店に売るメリット
☆高額の査定が出やすい
買取店は中古車市場に精通しています。
加えて新車ディーラーよりも高い査定額を提示しないと
売却してもらえないため、高額査定になりやすいです。

ドレスアップされたクルマなどの価値も買取店の方が
理解されやすいです。

また標準装着されていたパーツも添付すると、
査定額ではさらに有利です。


☆複数の買取店を比較できる
買取店の業界には、さまざまな業種が進出しています。
だから買取りを行う業者のクルマに対するニーズはさまざまですので、
なるべく多くの業者から査定を受けるのが良いでしょう。

それにはクルマ一括査定サイトがとても便利です。


☆単純な売却だけでも可能
新車ディーラーは、新車を販売する代わりにそれまでのクルマを買取り(下取りというシステム)
を行います。
一方、買取店は単純な売却も可能です。

クルマが不要になったとき、セカンドカーが不要になった時など買取店への売却が便利です。

《プロフィール》
​クルマ運転歴40年。
乗り継いだクルマも10台越え。
学生時代は某新聞社のプレスライダー。
最初のクルマは、
社会人になって買った
マツダのファミリア。

 

1位
カーセンサー
カーセンサー
2位
カービュー
カービュー
3位
ズバット車買取
ズバット車買取
4位
楽天 無料愛車一括査定
楽天 無料愛車一括査定
5位
かんたん車査定ガイド
かんたん車査定ガイド
© 2020 車 購入 ガイド rss